エゾリスの会非公式ブログ(仮)

北海道帯広の環境系まちづくり団体「エゾリスの会」会員による非公式ブログ(仮)以前のブログ→http://d.hatena.ne.jp/noken/

12月22日「帯広の森」de冬至祭

12月22日(日)は3つのイベントを合わせて冬至を行います。

1年でいちばん短い昼間の時間を味わい尽くすエゾリスの会流の冬至イベントです!
 朝の調査では落葉して見通しの良くなった森で鳥たちをじっくり観察しましょう!午前の自然観察会では生きものたちの痕跡や凍った川の造形たちと出会えるかも!? お昼からは早い日暮れまで森の中でのんびり過ごしましょう!部分参加もOKです。
 ポットラック・パーティーへはマイ食器とみんなで食べたい一品をお持ち下さい。

少なくとも、長靴、防寒具は必須です。双眼鏡などはなければなくても構いません。

8:00~10:00
モニタリングサイト1000里地調査 鳥類調査 

10:30~12:30
凍れ観察会 〜生きものたちの痕跡を探そう〜

12:30~15:30
ポットラック・パーティー(持ち寄り忘年会)
もちろん一般参加も歓迎のオープンです。あっ森の中ですよ。管理拠点のログハウスもありますが。じわじわと暮れてゆく冬至の日没を見て解散です。

申込先:三日市さん mikka-1★octv.ne.jp (★を半角@に置き換えて下さい)
集合場所は申し込み時にお知らせします。車の場合、森の交流館とかち(JICA)前駐車場に停めてください。

f:id:noken:20191220001439j:plain
当日は、もっとシバレた川です

【再掲】脱出しよう!思い込みから。ボトルキャップ収集運動はエコじゃない。

2009年3月10日のエントリ 脱出しよう!ボトルキャップ収集運動の非エコ性 再掲です。
noken.hatenadiary.org

この日は2個エントリがあり、続き物だったので、一個で成り立つように書き換えました。
情報はポリオ部分だけは新しくしてますが、他は古いままです。

                                                        • -

ここ数年収集をやめたところが増えているようですが、いまだにペットボトルキャップ収集を見かけます。小学校などでも行っているようですが、どこでも自分たちの行いを客観視することが出来ないで、ずるずる続けているということです。
それでは環境教育ではないですよ。客観評価できる人にならないと、環境教育したことになりません。環境負荷を下げるには今までのことを改めることができる人になることですからね。

ペットボトルのキャップの収集運動は始めやすいし、目に見える気がするし、計算できるし、子供でもできるんです。だからみんなやるんです。
しかし、ただそれだけです。(ここにCO2中心の環境教育、運動がまやかしになりやすい原因が横たわっているのですが、それはまた別の機会に)

十勝でも多く、画像は帯広畜産大学(2009)ですが、この他帯広厚生病院(2018まで)、いくつかの小学校、町内会などで見られます。

f:id:noken:20191210004424j:plain
帯広畜産大学のキャップ集め
これは、キャップを800個集めれば単価20円のポリオワクチンを外国に送ることができるというものです。
20円のワクチンを打つために、800個のペットボトルを消費しなければいけないのです。
コレは非エコですね。千葉県の大学では、イベントに参加するためにキャップ持参を義務化している(!?)という、あまりにもおかしなアクションを行っています。ペットボトルをもっと使えということになります。関東圏の私の知人の子が通っていた小学校では、ペットボトルを使わないように水筒を持参するといじめまがいのような状態になる学校もあると聞いています。戦中意識みたいですね。

800本の消費を600に減らして、残りの200本分のお金を直接国連に送れば約2万円ですから、1000倍ものワクチン代になります。しかも圧倒的にエコです。なぜそういう考え方が出来ないのか理解に苦しみます。主催団体の論法でいえば1000倍の子供たちを見殺しにするわけです。

ペットボトルキャップはポリプロピレンという素材です。「容器包装リサイクル法」で規定されているその他プラスチックとして「回収が義務づけられている」ものです。ゴミとして捨ててはいけないのです。地域の回収方法に従って回収しなければいけないのです。特定の団体へ送ることはこの法律と整合するでしょうか?
燃焼させるとCO2を出します。しかし「ゴミ発電」で焼却炉の運用を行っているところでは「優秀な燃料」です。この分、ゴミを燃焼させるための燃料を節約することが出来るのです。帯広のセンターはゴミ発電によって処理施設の電力をすべてまかない、なおかつ、かなりの余剰電力を北電に売電しています。つまり「ふたは燃やすほうがいい」のです。これを「サーマルリサイクル(熱としての回収)」といいます。

ですから、よく引用される、「ゴミとして焼却処分されますと、キャップ400個で3150gのCO2が発生します」は「容器包装リサイクル法」や「サーマルリサイクル」を無視した書きようになっているのです。なぜあえてそのような文言を使うのでしょう?

収集運動の場合はどうでしょう?
収集、輸送、洗浄、再生、再生したものの移動、最終的な処分、とすべてのプロセスで発生するCO2が別に加算されます。サーマルリサイクルに対してCO2排出で優位であるとは到底思えません。洗浄にお湯でも使ったら完全にアウトでしょうし、再生して合板になったものの最終的な処理はどうなるか?と、考えるとやっぱり最後は燃やすということになるかもしれません。そのときのCO2は?

では福祉としてみた場合はどうでしょうか?
キャップ集めの団体のワクチンはどこへ行っているのか?ポリオはいまどうなっているのか?
自分でWebで調べればすぐわかることなのに、NHK朝日新聞も、十勝毎日新聞北海道新聞も、それから学校も企業も、収集団体のHPをそのまま垂れ流しています。自分で調べようとしない。無責任な大人が多すぎます。20円のワクチン代を出すためにどんだけの経費かけてるか大人なら気になってあたりまえです。

ポリオ(小児まひ)についても調べましょう
http://idsc.nih.go.jp/disease/polio/index.html
ヒトのみを固有宿主とするウイルス(→撲滅作業が比較的容易)
90〜95%が無症状(不顕性感染)
麻痺型になるのは感染者の0.1%
死亡率は低い(麻痺型患者の4%=全感染者の0.004%)
衛生条件の悪い国では,発症者の数%が死に至るとも言われる。

感染したら絶対死ぬかのようなコピペが出回っていますが違う。0.1%が麻痺、そのうちの4%=全感染者の0.004%が死亡。

2008年10月現在のポリオ発生状況
http://www.forth.go.jp/keneki/fukuoka/kuko/homepage/kansen%20ryuko%20joho/2008kansen%20ryuko%20joho/20081020.pdf
10月の時点で1341人
ナイジェリア705 インド464 パキスタン70 アンゴラ25 チャド22 アフガニスタン20・・・ 

患者数は35万から74人に!常在国も2国だけ!

*1988年には35万人いたと推計されるポリオの患者は99%以上減少し、2015年には報告者数が74人なりました。この減少は、疾患を撲滅するための努力が世界中で行われた結果です。
1988年には125か国以上のポリオの常在国がありましたが、常在国は2か国(アフガニスタンパキスタン)だけです。
www.forth.go.jp

キャップ収集団体の事業報告書はネットでひくことが出来ます。エコキャップ推進協議会、そしてJCV(リンクは貼りません)。
事業支出にたいしてワクチンに回っている額はどれくらいでしょう?
主催団体のポリオワクチンはミャンマーラオスに届いている。これらの国は2008年ポリオ発生がゼロ。アフリカには送られていません。

(追記)
2008年JCVはポリオではなく「DPT」ジフテリア、百日咳、破傷風ワクチンを送ったとの記述が見つかりました。百日咳は世界の患者数 2,000〜4,000万人 死亡率は1〜2%、20〜40万人が死亡。患者の約90%は発展途上国の小児(WHO)」とのことで、より重篤な方に重みをかけているようです。JCVの寄付金収入 179,286,895円のうち、ワクチン供与活動費は 45,529,516円で25%しかワクチンに回っていません。これを2010年までには60%にしたいらしいのですが、それだったらペットボトル購入を控えてその分クリック募金にまわすように宣伝した方が近道でしょう。

やや繰り返しになりますが、一方国連はポリオ根絶計画をすすめています。額を比べてみてください。
http://www.jpri.or.jp/tayori7.html
「1988年当時125国で35万人以上の子どもが毎年小児麻痺(ポリオ)に悩まされていましたが、2007年には世界中で1310人の患者発生に留まり、ポリオの発生数はこの20年間に99%減少しました」

「日本政府、アフリカとアフガニスタンの子どもの生存とポリオ根絶のために、国連児童基金ユニセフ)を通じて、総額23億2千万円の支援を決定」(2007年)
http://www.unicef.or.jp/library/pres_bn2007/pres_07_63.html
根絶まであと一歩のところに来ているのです。

これらの事実を踏まえ、キャップ収集の報道、HP上の情報をよく読んでみてください。なぜポリオといい出したのか?単なる単価だけで選んでいるのじゃないか?
キャップ集めはホントに環境負荷を下げているのか?ホントはこの1000倍の募金を送れる方法があるはずなのに、その方がエコなのに、その方がたくさんの子供たちが救えるのになぜ?

最近は自治体が税金使ってこの収集団体に送ったりしています。訳が分かりません。税金の無駄です。論理的思考や検証が出来ないのでしょうか?

ワクチンを送っている団体の収支内訳です。H18年。

ブログ 道草、より道、まち歩き より許可をいただき転載いたしました(現在は閉鎖されています)。
http://bem.de-blog.jp/looksky/2008/08/post_7dad.html

キャップ運動によって得られる金額は半期でおよそ90万と、非常に小額ですが、そのおよそ90万円をひねり出すのに、ペットボットル購入費は単価120円でいくらかかっているのでしょう?
(900,000円/20円)×800個×120円= 4,320,000,000 円 
40億円です!!!!自分で計算してちょっと信じがたいですね・・・何度も式を見直してしまいました。
この40億に関連する製造費、輸送費、洗浄その他の金額、エネルギーは莫大です。

しかし、単価120円のペットボトル飲料7500本の購入を節約すれば90万円は出来ます。
それをせずに、36,000,000本 3千6百万本買わせていることになります。
これでは「ペットボトル消費奨励運動」のようにも見えてしまいます。消費を下げるのではなく増やす仕組みを持った運動です。

これがこの運動の正体の一つではないでしょうか?

「誰も損をする人がいない・・・・ように見える」この論理、どこかで見かけたことは無いでしょうか?ナントカ商法というヤツです。
しかし損をするところが一つ以上あります。
一つは地球環境
もう一つは、病気で苦しんでいる人たちです。

以前は、キャップ集めもきっかけとしてはアリとは思っていました。しかし、いじめまがいの状況や、ペットボトルをより消費するような方向へいくのは本末転倒。次の一歩へと勇気を持って卒業してください。無批判にすすむのではなく、常に立ち止まって検証する、これはどのような活動でも同じですから。ですから今は反面教師としての意義が大きいと思うことにしています。
今評価するとしたら、分別という意識を育てた、くらいでしょうか。しかしこれは、キャップじゃなくても成立します。言ってることと出来てることが逆むいているならやらない方がいいと思いますし・・・・・・

それにあの運動、外部からかなりの資金を投入し続けなければ回転しないと思いませんか。信用できますか?(個人の感想です)

エコ以前のはじめの一歩を際限なく細分化して、たくさんのことをやっているように思いたい気分が、このようなおかしな活動を生み出す背景になっているように思えます。キャップ集めは逃げの運動だと思い至りました。この運動はやめましょう。勇気を持って2歩目を踏み出しましょう。

ちなみに「日本ユニセフ協会」よりもunicef http://www.unicef.org/ に直接募金した方が効率的です。
日本ユニセフ協会もわかりやすいのではっておきます。協力する方法のところに、募金の方法もあります。
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_unicef.html

2011.3月 日経BPの記事
http://www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20110228/261752/?P=1
エコキャップ「送ったつもり」で送料寄付したほうが50倍役立つ(笑)。欺瞞「エコキャップ」から恫喝「不要品回収」まで、激増する「悪徳エコ詐欺」を徹底暴露!作家 夏原武

ツル切り、巣箱掃除、実生の越冬

先日移植したところには見事な霜柱
f:id:noken:20191118123329j:plain
メイン作業は植生管理、ツルウメモドキのツル切りです。
この場所は航空法伐採後の再生地のため、樹高が低い割にツルウメモドキが多く、鬱蒼としてしまうことと、間伐木が予測できない動きをして危険なので可能ならば根から抜いています。
f:id:noken:20191118123356j:plain

次は「帯広の森」から採取した種子から発芽した実生の冬越しです。
f:id:noken:20191118123404j:plain
プランターのままだと凍上してしばれてしまうため、土に埋めました。
f:id:noken:20191118123413j:plain

最後は巣箱の掃除 これは汎用で、今年はシジュウカラが出入りしていました。
ちゃんと掃除しないと、劣悪な住宅を提供することになりますから。
f:id:noken:20191118123420j:plain
中身は??
f:id:noken:20191118123428j:plain
繁殖には至らなかったようでした。苔類の他、エゾリスの毛が使われていました。
f:id:noken:20191118123336j:plain

そしてコウモリBOXに作られていたのは、モンスズメバチの巣でした。

f:id:noken:20191118123347j:plain

11月17日の活動

エゾリスセンサスのご案内(再実行)

10月の秋センサスが天候不良のため不調でしたので、通常は行わないのですが、調査の際実行を行います。

11月30日(土)集合7:00 はぐくーむのゲート前(芝生西側)
説明、班編成終了次第順次出発 7:30まで
各班ごとに終了 9:00~10:00となります。

決められたコースを班ごとに踏査し、エゾリスの位置、数、基本的な行動を地図に書き込むもので、行政から委託された調査の一環でもあります。
リーダーは会員が行いますので、初めての方でも数キロ歩ける方なら参加できます。

申込先:三日市さん mikka-1★octv.ne.jp (★を半角@に置き換えて下さい)

f:id:noken:20191118111739j:plain
なんか見つけた

f:id:noken:20191118111641j:plain
コースごとに片寄りが大きかったチョウセンゴヨウ

再掲 鳥インフルエンザまとめメモ2016.1216のエントリ

エゾリスだけではなく、水鳥や小鳥、カラスにすら食べ物をやる方がいます。そうすると、直接関係のない方に鳥類が接触します。この現実に対して餌付け人は責任を取る気もないし、取る事は極度に困難でしょう。
鳥と人の間の病気はインフルエンザだけではありませんが、接近、接触しない、密集させない、長期間留まらせないという用心の基本を考えれば、公園のような公共的空間で餌付けを行わせたり、行なってはいけないことが分かります。庭のようなプライベートな空間でも感染拡大のステーションになりうることも想像できます。

              • 以下再掲します----------

noken2016-12-16


ブログ管理人のメモも兼ねています。今後内容も増えるかも。
野生動物に餌を与えないで下さい。安直な娯楽に組み入れられた野生動物は哀れです。
やるなら理念と人間行動の管理体制をしっかり決め、公的な責任者を設定すべし。それが出来ないならただの野生の消耗だ。
http://d.hatena.ne.jp/noken/20161123

鳥とヒトとの感染症鳥インフルエンザだけではありません。

オーム病 ニューカッスル病 サルモネラ感染症  
エルシニア症(仮性結核)  結核(マイコバクテリウム症)

吸血性ダニによる各種感染症
 ・「ワクモ」吸血による皮膚炎
 ・ツツガムシ科やナキンムシ科のダニによるウイルス感染症 ー 日本脳炎など

哺乳類まで含めると、書き切れません。合計30種類くらいでしょうか?
http://www.nih.go.jp/niid/ja/route/vertebrata.html

鳥インフルエンザについて書くとき、他にどれくらい感染症があるのか知ることは案外大事だと思います。
もし感染症が30あれば、ざっくり言えば餌付けなど接近、接触リスクは30倍になるわけです。
でも、野生鳥獣の密集を減らし、ヒト(&家禽家畜)との接触機会を断てばリスクは極端に小さくなります。
ーーーー
今回はおもに鳥インフルエンザについて自分へのメモの意味も含めてまとめておきます。

2007年までのまとめとしてはここが最もしっかりしていてわかりやすいと思います。
鳥インフルエンザに対するバードライフ・インターナショナルからの声明(2007年2月9日)
http://www.wbsj.org/activity/conservation/infection/influenza/infl20070306/

我が国における高病原性鳥インフルエンザの発生状況について 家禽:農水省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/H28AI/h26_hpai_kokunai.html

高病原性鳥インフルエンザに関する情報 野生鳥類:環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/


これまで話題になった各型

H1N1 2009年に発生し、人間の間で流行した新型インフルエンザ Aソ連型ともいわれる。
ブタの間で流行していたインフルエンザがヒトに感染し広がったもの。
2009/10シーズン以降全く報告されていない(国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/images/idsc/disease/influ/fludoco1415.pdf
ヒト感染した場合の症状は比較的軽いが、「スペインかぜ」はこの型の一つにもかかわらず変異によって致死性が高まり、2年間で5000万人から1億人の死者が発生した。

H7N9 鳥に対しては低病原性(ほとんど症状がない)であるにもかかわらず、ヒトに感染した場合の死亡例がある。2013年上海でヒトへの感染が見つかり、以後、60の感染13の死亡例が報告された。
中国の家禽の生肉市場と感染に深い関係があり、政府はこの市場を廃止しようとしている。2013年にヒト→ヒト感染による死亡例が報道されたが、ごくまれな例である。
http://www.cnn.co.jp/world/35035706.html
↑これはもう過去の認識。いま最も恐ろしいのはこのH7N9と考えます
2017.1020東京大学発表
高病原性 H7N9 鳥インフルエンザウイルスは、哺乳類間で飛沫感染すること、哺乳類に対し
て致死的な感染を引き起こすことが分かった。
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/files/171020.pdf#search=%27H7N9%27
そして、パンデミックがすすむ と書いています。
日本医療研究開発機構によれば、国連食糧農業機関(FAO)の報告によると、2017年9月20日時点で1,589例の感染者が確認され、そのうちの616名が死亡しています。
http://www.amed.go.jp/news/release_20171020-02.html
このような事態を招いたのは人間です。人間が家禽や野生鳥類との境界線を曖昧にした生活を送っている地域があるから、ウイルスが哺乳類に適応してしまったのです。
ヒト 家畜家禽 野生動物 これらは明確に線引きして暮らさないとお互いが不幸になります。
また2016.12にH7N7 H7N2が韓国で検出されています。韓国では他にH5N6 H5N8 が今期検出されています。
一体どんな防疫体制なのだろうか。韓国では全国の家禽の1/4を処分する事態になっている。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=61970

アメリカではH7N2がネコ380匹と獣医師に感染している。
感染ルートは不明だが院内感染を匂わせる記事。
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18769.html

H5N1 2005年中国青海湖で数千羽の野生鳥類(インドガン、ズグロカモメ)が死亡した際のインフルエンザウイルス。
http://www.wbsj.org/activity/conservation/infection/influenza/infl20051109/
この湖では、家禽化されたインドガンを用い、希少種の野生復帰を試みていた。
また、2003年から4年にかけて韓国、日本の家禽で大流行した。
もしヒトへの感染力を持つように変異したらスペインかぜ以上の被害が出ると予測されているが、
現在のところ否定的な見解が強い。いままでの大流行が、すべてブタを経由したものであり、鳥から直接感染したものは、よほど鳥と濃密な接触をしたものや、遺伝的特徴から重篤化しやすかったものと考えられているからである。

水禽の死亡は2002年香港以降と書かれている。
「H5N1高病原性鳥インフルエンザ青海湖
http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1606_04.pdf

H5N8 2014年に北半球の渡り鳥と家禽で感染が多く見られた。日本でも農場での発生がある。ヒトへの感染実績はない。
実は今年の流行はこのN8ではないかとみられていたようだ。

H5N6 2016年の今シーズンに非常に広い範囲で流行している型。
韓国ではかなりの家禽が被害に遭っているが、日本では多くの野鳥で発見されているにも関わらず、家禽の被害は韓国と比べてずっと少ない。残念ながら北海道清水町やガードが堅いはずの宮崎で被害が出てしまったが……。
ヒトへの感染実績はいくつかあり、死亡例もある。(WHO)
http://www.who.int/csr/don/07-december-2016-ah5n6-china/en/
いくつかの猛禽類で感染が見られていることから、その餌となる生物にも感染していると考えるのが自然で、日本列島の広く細かい範囲に感染が広がったということになる。ハヤブサ(エサは小鳥)、フクロウ(エサはネズミ)、カンムリカイツブリ(餌は魚だが、これは水や底質経由かも知れない)など。

韓国ではこのH5N6がネコの死体から検出された。
https://this.kiji.is/187860618967877111?c=39546741839462401

鳥インフルエンザ A(H5N6):東および東南アジアにおける人獣共通 鳥インフルエンザの脅威発生についての最新追加情報」
http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Forum2/HPAI%20in%20the%20World/Avian%20influenza%20A(H5N6).pdf

ーーーーーーーーー
・野鳥からでも家禽からでも人間が直接感染するためには、かなり濃密な長期間の接触が必要(日本の環境では野鳥からの「感染」はほぼ無理)。
・しかし、人が「運搬役」になることは大いにある。鶏舎へ、あるいは別な餌付け場へと運搬してしまう。
・家禽の死体がそのまま大量にぶら下がっているような環境に、長時間晒されると人への感染の可能性が高まる。
・集めるな!鳥獣も、人間も集まると感染症を利する。学級閉鎖をなぜするのか?これを理解して欲しい。餌付けの中でも人間をコントロールしていない不特定多数の野放図な餌付けは最悪である。
・いまの餌付けは餌付けのための餌付けが多い。継続したいのなら鳥類だけではなくその環境を第一に考え人間をコントロールできる体制をつくるのが最低限の責任。
・ヒトの移動によって、ウイルスが移動する。衣服、道具、靴の裏、車のタイヤ(韓国では幹線道路沿いにアヒルへの感染が起こっている。)。養鶏場での管理がきびしいのは当然のことだが、餌付け場所間のウイルス移動に人間が関わっているリスクを考慮すべし。
・インフルエンザで「死なない」「病気にならない」鳥類がインフルエンザを運ぶ。インフルエンザで死ぬような鳥は、ウイルスの運搬には適さないことはわかるだろう。つまり、スズメでもインフルエンザを運びうる。
・水鳥の餌付け場には、エサが穀物の場合多くのスズメが訪れている。パンなどの場合はカラスやトビが来る。これらがウイルスの運搬をする可能性は第一に考える必要がある。
・カモ類が直接鶏舎に侵入出来ないだろう。間に小鳥やネズミなど別な生物が存在していることは常識的に推測されている。(猛禽やフクロウの感染も、これを裏付けている。)
・ハエなどの昆虫も短距離なら運び屋になりうる(ハエからもウイルスが見つかっているが、体内に保っていたものではないかもしれない)
2004年高病原性鳥インフルエンザ国内流行地で採集されたクロバエ類からのH5N1亜型インフルエンザウイルスの検出と分離
http://idsc.nih.go.jp/iasr/26/303/kj3031.html
・北海道のような冷涼な環境では、このウイルスは死なずに長期間野外に存在できる。

改めて申し上げますが、インフルエンザは数ある感染症の一つにすぎません。
リスクは感染症の数だけあるのです。
あそびや娯楽で野生生物を集めたり接触したりすることは、その生き物とその場にいた市民を悪者にしてしまう可能性を高めます。

餌やり、折り合わず 安曇野鳥インフル不検出
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161215/KT161214FTI090028000.php
行政のお願いをはねつける形で身勝手な理屈で餌付けを再開しています。
これまでハクチョウの餌付けを観光資源として奨励してきた行政が強く出られないのでしょう。
やりたい人にお任せする形の「餌付け」などは、野生生物や自然の仕組みを十分に理解せずに行っている例がほとんどですから、簡単に任せていいとは思いません。
この感染が広がった状況で陰性だったからと餌付けを始めるヒトの気が知れない。その後その場所でハクチョウが死んだら、その鳥の運が悪かったんだなどというのだろうか。責任というものをどう考えているのだろう?
犬の飼い方を知らない人に、犬を簡単に飼わせるだろうか?それと同じことだ。

重症熱性血小板減少症候群SFTS)ウイルスが北海道のマダニより発見
http://d.hatena.ne.jp/noken/20140225

特に公共地では野生動物への餌付けはやめて下さい。
http://d.hatena.ne.jp/noken/20161123

また、公共の場所で餌付けを目撃されたら、その場所の管理者にお知らせし、対策を促して下さい。市民の声で行政は動きます。

餌付けがエゾリスを殺す

公共的空間での餌付けはルールで縛るべきであり、不特定多数の人が餌付けする状況は解消されるべきと当ブログでは主張してきました。

(再掲・加筆)おすすめしません野生動物への餌付け・そして次に来るもの……… - エゾリスの会非公式ブログ(仮)

ブログには様々な点を指摘していますが、本日はこれらの中から「餌付け」がいかに想像力が無く、自分勝手な行為であるか示すものを見つけましたので紹介します。

今年の6月15日緑ヶ丘公園の駐車場に入る誘導路でエゾリスが交通事故で死にました。
画像の手前の道路に血がついています。

f:id:noken:20191029225851j:plain
6月15日のエゾリス事故現場

エゾリスはもともと、駐車場で轢かれるような間抜けではありません。
ところが、2015年以来、公園内の時速30キロも出せない場所での事故が3件発生しました。そのうち1件は時速10キロも出ていなかったのではないかと思われます。

この画像の右上あたりに写っている木の下に、今日たくさんのカボチャの種がまいてあり、それにエゾリスが来ていました。

f:id:noken:20191029230428j:plain
餌付け画像

奥に事故現場が見えますね。
「ここで餌をまけばリスが轢かれるかも知れない」
「リスが増えたら交通事故も増えるだろう」
そんな想像力が持てないのでしょうか?持てないのです。
それは、餌付けに目がくらんでいるからです。
欲望と快感に囚われているからです。
自分たちの行うことに責任が伴うとは思っていないでしょう。
公共の場、自然、野生動物、自分の勝手にするものだと思っているのでしょう。

彼らがエゾリスのなにを知っているのでしょう?自分に都合のいいことだけ知っているのです。
見えないことに、都合の悪いことには関心が無いのです。
そんな人たちに野生動物の行動を委ねていいと思いますか?そんな資格、ありますか?
餌付けはやめるべき、やめさせるべきです。

最悪の事態に向かいつつある帯広のエゾリス

帯広の市街地の森林は昭和20年代には裸同然(特に緑ヶ丘公園は)、昭和30年代から回復しつつありますが、それに伴って自然や野生動物に対して、人々はどのように接して良いかわからなくなり(歴史的な経緯から日常に自然がある状況に不慣れなのです)場当たり的、短絡的、思い思いまちまちな行動をするようになり、それに対して対応に追われる行政機関の様子が浮き彫りになりつつあります。

わかりやすい例を挙げれば、野生動物への無責任な餌付け、他人の土地や公共地での勝手な山菜採り、勝手な木の枝落とし、ゴミの投棄、公園内での畑作りなど私的ななにかの設置、ルピナスなどの植え付けやペットの放逐、公園設備の勝手なつくり換え、許可ある手入れ活動への妨害、自然への過剰な排除衝動やそれに行政がそのまま反応してしまうことなどなどがそれにあたります。
もちろん公共心の問題もあるでしょうが、増加する自然の質量にたいして場当たり的な対応になっているのであれば「教養」「リテラシーの問題でもありましょう。

市民も行政機関も「新しい状況」に自分たちが接しているということが見えていません。
また「知識と経験」が追いついていない自分たちを俯瞰できません。
なので目の前のことに場当たり的に対応する自転車操業状態になっています。
エゾリスの会も地域に対する提言や普及が十分でなかったかも知れません。

帯広市街地に自然があることは「新しい状況」なのです。
それを見越した環境教育素材となりうる「帯広の森」でしたが、残念ながら今のところ万全に活かしたとはとても言えません。

そう思ったのはこのニュースを読んだからです。

headlines.yahoo.co.jp

この状況が何ら知識によるものではなく「気分的で場当たり的な」衝動によって招かれていることをまず指摘する必要があります。特に「人間による過干渉」は目に余るものがあります。

自然や野生動物に対する「場当たり的な対応」を防ぐための活動が必要な時期になっています。でなければそう遠くない未来にエゾリスが害獣として駆除される可能性があるでしょう。また、エゾリスに対する虐待が見られるようになるでしょう。餌付けは実質的には虐待と考えますが、直接的な虐待の下地を作っていると考えます。

状況を俯瞰し、学術的な情報を入手し普及すること、場所の管理者が責務を果たすことが必要と考えます。
詳細は以下を参考にして下さい。

noken.hatenablog.com